イギリス・ロンドンの旅行と観光情報

イギリスとその首都であるロンドンの旅行情報や観光情報を不定期に投稿しているブログです。

2012年12月

ロンドンと言えばやはり鉄道の駅や、地下鉄やバス、タクシーといった乗り物をイメージします。

 

ロンドンの駅で有名なのはハリーポッターでも使われたキングス・クロス駅でしょう。天井が高く、無骨で独特の風格をもつたたずまい、行き交う沢山の人種の人々を眺めているとさすがロンドンだなあと思います。

 

またロンドンは地下鉄発祥の地でもあります。ロンドンの地下鉄へと続く古いエスカレーターやエレベーターはその歴史の古さを彷彿とさせます。駅構内でジャズなどを演奏しているのもまた風情があります。

 

一歩街に出れば黒いタクシーや赤い二階建てバスが走っています。私は乗り物を見るとロンドンらしさを強く感じます。

 

あと個人的に忘れてはいけないのがシャーロック・ホームズ・ミュージアムです。名前から簡単に想像できると思いますので、詳しくは説明しませんが、要するにコナンドイルの名作である「シャーロック・ホームズ」についてのミュージアムです。ここにも必ず行きたいです。

ロンドンに行きたい理由、それは・・・ノースロンドンダービーが観たいからです!!ノースロンドンダービーとはサッカーのアーセナル対トッテナムの戦いのことです。Jリーグでもライバル同士の同じ街の試合はダービーと言いますよね?あれです。

トッテナムは今イングランドのプレミアリーグの中でイチオシのチームですよ。モドリッチ・ベイル・パーカー・アバデヨールなど、トップクラスの選手たちが大勢いて、中堅チームだったのにいつの間に?って感じです。

監督は次期イングランド代表監督が噂されているレドナップで、良い監督です。一度トッテナムの試合を観てください。スピードのあるいいサッカーをしていますよ。アーセナルは名門ですから、新興勢力とのダービーを一度生で観てみたいなあと思ってます。

もちろん観光も忘れません。ビッグベンやロンドン橋など見て回りたいところは山ほどあります。観光名所を巡って、ダービーをみて、そして夜はパブでお酒を嗜むなんてできたら最高ですね。早く海外旅行でロンドンに行きたいです。

今回はロンドンの印象を2つほど書かせて頂きたいと思います。

1つ目
ロンドンの印象は音楽のイメージが強いです。それもイギリスの他の地域より洗練されてて流行の音楽やってるバンドが多い感じです。ちょっと前に起きたロンドンの暴動もまだ頭に思い浮かびます。

観光だとグリニッジ天文台です。食べ物だとフィッシュ&チップスです。住んでいる人のイメージは若い人が多い感じで人がたくさんいるイメージです。建物は伝統のあるものと新しい物が違和感なく建っている印象です。

天候のイメージは晴れた日が多い感じです。ロンドンでお買い物はかなり楽しそうなイメージもあります。ロンドン王室って言葉も頭に思い浮かびました。春から夏ぐらいに旅行に行くと楽しそうな気がします。


2つ目
やはり、ロンドンと言えばサッカー!

アーセナル、トッテナム、チェルシーなど、強豪チームが本拠地を置いています。海外サッカーを愛する者としては、一度は訪れてみたい都市ではないでしょうか。

私の友人でも、現地でプレミアリーグの試合を観戦すると、やはり迫力、サポーターの熱気が違ったと仰っていました。

サッカーの他にも、大英博物館やバッキンガム宮殿、ビッグ・ベンなど、観光地も充実しています。

食事に関しては「ロンドンの食事は世界一マズイ!」との言葉を頂いた事もありますが、本当に不味いのか、いつか自分の舌で確かめてみたいものです。

私自身は時間や金銭的な余裕もなく、ロンドン旅行は夢のまた夢ではありますがやはり、いつかは訪れてみたいものです。

このページのトップヘ