イギリス・ロンドンの旅行と観光情報

イギリスとその首都であるロンドンの旅行情報や観光情報を不定期に投稿しているブログです。

2回目のパリに訪れたときの話なのですが、この時はパリだけではなくイギリスの首都ロンドンにも足を運んだのです。ロンドンへはパリからユーロスターで直結されているので、非常に便利に行き来することができます。

ユーロ圏と言うこともあって、入国出国審査も全然厳しくありません。料金も日本からの飛行機代と比べたらはるかに安いので、パリかロンドンに旅行する予定のある方には、もう一方の都市にも訪れることをおすすめしたいです。

私はロンドンに着いてから、まずはタワー・ブリッジを目指しました。ポストカードなどでもよく登場しますし、ビッグベンと並んでロンドンを代表する建物だと思ったからです。ただ、お恥ずかしいことに、タワー・ブリッジのことをずっとロンドン橋だと思っていました。

後でロンドン橋にも寄ったのですが、あの歌でお馴染みのロンドン橋はタワー・ブリッジほどの感動はありませんでした…。私以外にも勘違いなさっている方は結構多いのではないでしょうか。

タワー・ブリッジを上まで上って、橋になっている部分から外を眺めたりして満喫した後は、そのすぐ近くにあるロンドン塔へ向かいました。確か世界遺産にも登録されていたと思いますが、観光客が多くて驚きました。私はツアーを使わなかったのですが、日本人観光客のツアー団体もなかなか迫力ありました。笑

ロンドン塔を見て回った後はタクシーを拾って、バッキンガム宮殿へ。ここを外すわけにはいきませんよね。まだ何日か滞在するとは言え、できるだけ早くにバッキンガム宮殿を見ておきたかったのです。時間的な問題で衛兵の交代式は見られませんでしたが、それでも満足でした。

イギリスの首都ロンドン。アメリカのニューヨークや東京などとともに世界経済の重要な役割を担っている経済都市です。毎年多くの日本人旅行客が訪れていることでも有名で、特にJALやANAのツアーパッケージを見ているとフランス・パリとの周遊ツアーが人気となっているようです。

私が初めてロンドンに行ったのは大学の友人とでした。初日の夕方に現地に到着し、そのままその日はホテルで休息を取ったり、ホテル周辺を散策したりしていました。ホテルがマーブルアーチのすぐ近くだったので、ハイドパークやセルフリッジなどが近かったです。

2日目は朝からホテルのバイキングをたっぷりと楽しんだ後、マーブルアーチからなんとタワーブリッジまで歩きました。しかも最短ルートを使ったわけではなく、地図をほとんど見ずに大通りを歩いたり、なんだかすごそうな建物を目指して歩いたりしていたら、タワーブリッジに到着したというまさかの展開です。

後日、日本に帰ってきてから、地図をもう一度見直したときには、我ながらよく歩いたもんだと驚いてしまいました。

3日目はロンドン市内でショッピングを楽しんだり、シャーロックホームズ博物館を見て回ったりしていた記憶がありますが、なんせもう5年近く前の話ですので、この日何をしていたのかよく覚えていないのも事実です…。

4日目は朝4時に起床し、ウォータールー駅から朝一でユーロスターに乗ってパリに行きました。パリの観光はこの日だけだったので、朝早くから夜遅くまでパリの街を満喫しました。

エッフェル塔に登り、シャンゼリゼ通りを歩き、エルメスの本店にも立ち寄り、そしてルーヴル美術館に寄るという流れでした。さすがに夜遅くに帰りのユーロスターに乗る頃にはへとへとでした。

このページのトップヘ