イギリス・ロンドンの旅行と観光情報

イギリスとその首都であるロンドンの旅行情報や観光情報を不定期に投稿しているブログです。

昨今の円高でユーロ・米ドルはだいぶ安くなりましたが、イギリスポンドはまだ割高感があります。旅行の際に外食しようとして、高い!と感じることも少なくないかと思います。多くのお店ではテーブルチャージも必要だったりしますしね。そこで手軽に済ませられる外食手段をいくつかご紹介します。

まずはテイクアウト。サンドイッチバーやカフェなどではイートインとテイクアウトで値段が異なることもあります。テイクアウトで買って公園でのんびり食べる、なんてのもいいですね。

他にはピザバーやヌードルバーなどを探してみるのもいいかもしれません。ヌードルバーはアジア人が切り盛りしていることも多く、アジアの味が恋しくなったときは頼もしい味方となるでしょう。

また、フィッシュアンドチップスは、イギリスの中でも美味しかったです。しかもイメージと違ってしっかりとした食事として出てきて、けっこうな量でサーブする店が多かったです。ナイフとフォークを使って食べていましたが、これがまた地ビールとあって最高な夜でした。

バーの文化が発達していて、比較的高めですが、毎晩必ず2,3件バーを回って楽しむ事が出来ました。魚を揚げたり、野菜もただの豆を煮たもので、味がついていないとか、日本ではあり得ない調理法で出してきますが、それがまたロンドンらしくて想い出深い味となるのです。 

ただ、私の友人はこんな感想を残していました。

イギリス全体で言えますが、とにかく食事がまずくて高いです。どうしてこんな食生活で生きていけるのかと最後まで分かりませんでした。シティは金融街でピリッとしていて、顔つきが非常に締まっている人が多かったです。

ロンドンからユーロスターでパリへも一人旅で行きました。2003年のことでしたが、その際は、道路にとにかく犬の落とし物がかなり多くて驚きました。

おそらく犬の散歩中のフンの始末には寛容なのでしょう。この件でパリにはちょっとショックを受けた次第です。パリはイメージとしては比較的綺麗な街だと勝手に決めつけていたので本当に驚きました。

イギリスの首都であるロンドンには様々な見どころがあります。ビッグベン・バッキンガム宮殿・ロンドンアイ・大英博物館などなど、耳にしたことのある場所が多いのではないでしょうか。こちらのページでは、そんなイギリスとロンドンについての口コミや旅行記をご覧頂けます。

1. ロンドンの有名観光名所は、国会議事堂とバッキンガム宮殿です。バッキンガム宮殿は、庭と近衛兵(赤い服と黒い帽子)にも特徴があります。街には赤い二階建てバスが走り、フィッシュアンドチップスなどがあるカフェがあります。市場では、チューリップとパエリアの印象に残ります。
郊外へ行くと自然が豊で閑静な住宅街です。家並みを見ると、道が整っていて、ガーデニングに力を入れています。気温が低く、昔は暖炉が多かったため、今も暖炉が残っている家もあります。イギリスでは気候に関する挨拶が多いと言われますが、最近は前より霧が少なくなったそうです。

2. 学生時代に研修旅行でロンドンとパリに行きました。ロンドンでは大英博物館に行きましたがとにかく広かったことを覚えています。ミイラが衝撃的だったこと、彫刻が多かったです。

ロンドンは夕方以降は危険なので一人で歩かないよう言われた記憶があります。あと、ロンドンタクシーで運賃をたくさん払ってしまったんですが、他の人に話すと「タクシーがそんなことをするはずがない」と言われました。信用が厚いようです。

フランスでは、ルーヴル美術館でモナリザを見ました。とても厚いガラスの奥の方にありました。動きながら見ても視線を外さないと言われていますが、そうは感じませんでした。ヴェルサイユ宮殿にも行きました。庭が広かったこと、宮殿内は香水の匂いがすごく強かったことが印象的でした。

3. ロンドンは日本の北海道くらいの気候です。国民性も日本と似ているようで、イギリス人は日本人に親切です。イギリスの冬は寒く、その冬の娯楽のひとつとして、バレエや演劇、ミュージカルなどが愛でられてきました。

吉田都さんというバレリーナがいらっしゃるのですが(熊川哲也氏の大先輩。齢ではなくキャリアで)、イギリスでは都さんの品のよい踊りを「これぞイギリスのロイヤルスタイル」と、絶賛される方もいます。

都さんはつい最近、日本に帰ってこられましたが、ロンドンにいったら、バレエかミュージカルを劇場で見てみたいなぁと思います。

観光名所というと、バッキンガム宮殿とかウィンザー城とかがやっぱり素敵です。ダイアナ妃の結婚式の時のドレスや、エリザベス女王の子どもの頃の写真を見ることができました。お土産でエリザベス女王の子どもの頃の写真を売っているところなどは、ちょっと日本と違いますが、ロンドンは何度でも行きたくなる街です。

イギリスやロンドンに旅行に行かれたことがあるという方々から口コミや旅行記をお寄せ頂きました。さすがは大都市ということで相当数の投稿を頂くことができました。

1.ロンドンではコンビニのようなスーパーが街中にたくさんありましたが、確か夜の10時か11時になると、法律で決められているという事で酒類を販売してくれませんでした。ビニールやシートをかぶせて紐で縛って、買えないようになっていました。
着いた初日に買えなかったため、仕方ないのでパブで飲んでましたが、二日目はパブの他にも、スーパーで買い物を楽しんで缶ビールも飲み比べしました。

10種類ぐらい買い込んでのみ比べをしましたが、一番美味しかったのはロンドンプライドというビールでした。ビックサイズばかりで売っているので、飲み比べを終わる頃にはベロベロになってホテルのベッドで酔いつぶれていました。笑 

2. ロンドンの人は痩せている人が多くいた気がします。食べ物がまずい事と、元からDNAとして太めの人がいないのでしょう。アメリカと違って比較的痩せている人が多いです。ロンドンは雨が降ったりやんだりしているせいか、傘をささない人がいて、ニューヨークと同じです。
お洒落なスーツを着ている人がいましたが、やはり背広については本場ロンドンだなあと思うような時が多くありました。

また、ロンドンは地価が高いのでなかなかロンドンで住むというのは難しい気もしました。日本とどっこいどっこいですが、感覚としてはロンドン、そしてポンドは高く感じます。円高でも物価が高いと思ったので、円安になったら相当高く感じることは間違いないかと思います。

3. ロンドンには2回程行ったことがありますが、まず行く前のイメージとしては、お洒落な都会なんだろうなぁと思っていました。あとはバッキンガム宮殿がある!といったイメージでした。多少は英会話はできるので、現地での会話は問題なかったのですが、やっぱり文化の違いがあり、戸惑うことは数回ありました。

凄い都会をイメージしていたので煌びやかなのかなと思ってましたが、レトロ調な街並みが展開されてあったりし落ち着くことができました。

私は今大学生ですが、中学生の頃に行ったのが最後だったので、また今の歳になって行きたい願望が強くなりました。大学でもロンドン留学のプログラムがちょうど用意されていますので、機会があれば短期留学でもワーキングホリデーでもいいので、ロンドンの文化に触れるようなことができればと思ってます。

このページのトップヘ